ストレス性の障害として|PTSDに蝕まれる前に|フラッシュバックから心を守る

PTSDに蝕まれる前に|フラッシュバックから心を守る

医師

ストレス性の障害として

カウンセリング

過去に受けた恐怖体験が後々まで影響を及ぼす場合、PTSDが疑われます。PTSDは正式には心的外傷後ストレス障害と呼ばれており、心の傷が元になって生じる病気なのです。PTSDの症状は、ほとんどが原因となる事実に直面した直後に現れてきます。不眠や情緒不安定といった症状とともに目立つのが、フラッシュバックによる一時的なパニックです。こういったフラッシュバックは、当初の体験を思い出させるような状況で多く見られます。PTSDの原因となる事実としては、事故や大きな災害、虐待などが挙げられます。このような事実に遭遇した後に心身に異常が現れたら、心療内科医などの診察を受けることが必要です。PTSDはうつ病やアルコール依存症へ移行するケースも多く、治療が遅れることでのデメリットが予想されます。本人がPTSDの状態を自覚していない場合には、治療も難しくなることが多いです。PTSDは、時に長期間経過してから現れてくることもあります。特に原因不明の不調に悩まされることがあるのが、小さな子供です。

体に何らかの不調があると、PTSDの症状が一層目立つようになります。例えば、貧血などは、精神的な面にも影響を与える病気の一つです。貧血になると、概して不安感が生じます。ですので、PTSD特有の恐怖感やフラッシュバックなどが生じる可能性が高くなることが問題です。従って心療内科で血液検査などを受け、こういった体の不調を早めに把握することが症状を早く治すためのアプローチと言えます。日常生活上のストレスが気になる場合は、漢方薬を利用するという方法もあります。漢方薬は、心身のバランスを整えるためにも一役買ってくれる薬です。心が不安定な状態の時に服用することで、少なからず精神的な安定が得られます。ホルモンバランスが崩れがちな方にも、こういったプラスアルファのアプローチは有効です。平常心を保つ工夫をすることが、おいてはPTSDの発作を抑えることに繋がります。専門医の治療を受けるとともに、日常生活においても対策を立てることが早期回復への近道です。心身の抵抗力を高めて、改善を促します。

Copyright © 2016 PTSDに蝕まれる前に|フラッシュバックから心を守る All Rights Reserved.