精神科や心療内科を受診|PTSDに蝕まれる前に|フラッシュバックから心を守る

PTSDに蝕まれる前に|フラッシュバックから心を守る

医師

精神科や心療内科を受診

病院

精神療法と薬物療法

日々生活していて、ある出来事を無意識のうちに避けるなど、強い恐怖を感じて日常生活にも支障がでている方がいらっしゃるでしょう。それはPTSDと呼ばれている心的外傷後ストレス障害かもしれません。また、精神が過敏になって、訳もなく警戒するなどの精神状態が長く続き、人によっては食欲がなくなり、めまいやイライラ、急に泣く、不眠などの症状が出ることもあります。自分でこの症状がPTSDだと気づいている方もいらっしゃれば、そうでない方もいらっしゃいます。もし、思い当たる方がいらっしゃれば、ネットでPTSDチェック診断を行なってもいいですが、時間をとって早めに精神科や心療内科を受診してみることをおすすめします。PTSDになるきっかけは、色々な過去の体験ですが、強いショックを受けた体験や過剰な精神的ストレスによるものです。それによってその経験に対して強い恐怖心を感じるようになります。この状態が3ヶ月続くと、精神科や心療内科でPTSDだと診断されるようです。ただ、3ヶ月未満でも急性のPTSDもあります。精神科や心療内科を受診すると、カウンセリングによって何が原因で強い恐怖心を抱くようになっているのかが明らかになります。

治療環境を整える

過去の強いショック体験が、今の症状を引き起こしているのがわかれば、精神科や心療内科での治療によって改善されますので、それだけで気持ちが落ち着く方も少なくありません。精神科や心療内科では、不安改善のカウンセリングや考え方を良い方向に導いて、恐怖心を取り除くストレス緩和の精神療法が行われます。また、あわせて抗うつ剤や抗不安剤などの薬物療法で改善に導きます。先程PTSDの原因となるものに強いショックや過剰なストレスとお伝えしましたが、これは他の人では何でもなかったことでも、本人にとっては大きなショックだったということも多くあります。例えば地震や洪水、事故やいじめ、虐待やDVや体罰なども後でPTSDになるケースも少なくないようです。ただ、PTSDは誰にでも起こる可能性はあるという事実を押さえておきましょう。そして、PTSDになった理由に家庭環境が入っている場合、そのままそこに暮らしていては治療効果が上がらないことも少ないので、入院なども視野に入れて、治療環境を整えることが、PTSDを改善させる近道になりそうです。一人で悩まずに専門家へ受診するといいでしょう。

Copyright © 2016 PTSDに蝕まれる前に|フラッシュバックから心を守る All Rights Reserved.