PTSDに蝕まれる前に|フラッシュバックから心を守る

心の専門医心療内科で病を治す

ストレス性の障害として

カウンセリング

恐怖体験が元となって発症するのが、PTSDです。PTSDでは、不眠やフラッシュバックなどの症状が現れます。他の精神疾患に移行することがあり、早めに治療することが必要です。体調を見なおし、心身を整えることでPTSDを克服する抵抗力が養えます。

More...

心に残る後遺症

男の人

PTSDとは強いショック体験が原因で様々な症状がでるストレス障害のことです。原因となる出来事や症状は様々ですが、特効薬がないという特徴があります。カウンセリングや漢方薬などが治療の中心となりますが、周囲の人の支えや理解が不可欠です。

More...

心のキズの癒やし方

ナース

強いショックを受けたなら

人間の心は強いショックを受けると、それがキズとなって残ってしまう場合があります。生きていく上で辛い経験は避けて通れないものなので、そういったキズは誰にでもあるものですが、限度を超えてしまうと身体に影響を及ぼします。その中でも、ショックを受けた状況を思い出すと、体に辛い症状がでることをPTSDといいます。震災や事故や犯罪などに巻き込まれた方に起こることが多く、時がたってもその当時の恐怖がよみがえるという症状があります。トラウマという言葉と一緒に語られることが多いので、知っている方も多くいるでしょう。PTSDになってしまうと、自身で解決するのは難しいので専門家の手を借りるようにしましょう。そこで訪れるべきなのが、専門家がいる医療機関です。心の問題は精神科だと考える方が多いでしょうが、PTSDの症状は心療内科でも診てもらうことができます。医療機関に訪れれば、薬物療法や認知行動療法などを用いて、回復に向けた治療がおこなわれますので、ドクターを信じて治すことに専念しましょう。

症状は人それぞれ

重大なアクシデントに巻き込まれて、しばらくたってから心と体に不調がでた場合はPTSDだと比較的簡単に気がつけるでしょう。しかし、何か大きな出来事にあったとしても、その場にいる全員がPTSDになってしまうというわけではありません。それは、個人によって感じ方が違うためで、全く症状がでない人からかなりの重い症状がでる人まで色々です。その状況を考えると、大きくはないアクシデントにあった方でも注意しなければいけません。ほとんどの方に全く影響のない出来事でも、人によってはそれがPTSDまで発展してしまう場合があるからです。この場合は、周りの人間に影響がまったくでないため、自身だけに起こる辛い症状が心の問題だと気がつけない場合があります。そのため、もし現在辛い思いをしているというのならば、自身の身に起こったことを大きい、小さいで考えるのは止めるようにしましょう。もしかすると、PTSDかもしれないので、早急に医療機関に訪れて診察をしてもらうことが大切になります。

精神科や心療内科を受診

病院

PTSDなのに本人さえもPTSDの症状だと気がついていない方も少なくありません。強い恐怖心の原因を自分で認めることからはじめるには、精神科や心療内科への受診が大事です。PTSDは、精神療法と薬物療法、また治療環境を整えることで改善します。

More...

誰にでもなりうる

ドクター

PTSDは誰にでもおこりうる症状です。震災や事件などで受けた恐怖心が急によみがえり、日常生活に支障をきたすようになったら速やかに専門機関への相談や、心療内科の受診を受けましょう。PTSDは治療を受けることで回復が見込める病気です。

More...

誰にでも起こりうる病気

看護師

トラウマとなった体験が元で心に深い傷を持ち、再現されることで苦しみ続けるPTSDはつらい病気です。病院を受診して、適切な治療を受けることが大切です。治療は長期間になることがありますが、安全な環境作りと休息を取り入れることで回復に向かいます。

More...

Copyright © 2016 PTSDに蝕まれる前に|フラッシュバックから心を守る All Rights Reserved.